Dogoのもうひとつのトレーニングプログラムについてご紹介します。Useful Tricks Programというメニューです。これは、あなたの犬を介助犬になるように訓練することを考えたことがあるなら、素晴らしい基礎となるものです。このプログラムは、介助犬がトレーニングプロセスの初期に学習するスキルで構成されています。あなたの犬がそれらのトリックを習得したら、それはつまり、あなたの家に小さなヘルパーがいるということです。Dogoで介助犬のトレーニングを始めましょう。

介助犬の要件

介助犬は、障害を持つ人々にとって信頼できる生活の友です。彼らは欧州の法律ではペットとしてではなく、働く動物として認められています。飼い主の日常生活を支援するために、飼い主の身体的または精神的障害を補助する特定のタスクを実行するように訓練されています。介助犬にとって重要なことは飼い主だけに集中し、他の人、ペット、交通、騒音などの他の刺激には反応しないように訓練することです。

年齢や品種に関する制限はありません。次の特性を持つ犬であれば、どの犬でも介助のスーパーヒーローになれます。

    フレンドリーで落ち着いている

    社交的

    学習に熱心

    喜ぶことができる

    従順である

    非反応性がある

自分で介助犬をトレーニングすることは可能ですか?

介助犬のトレーニングを個人で行うのは大きな責任のように思えますが、十分に可能です。実は、このチャレンジに成功した人はたくさんいます。専門の介助犬のトレーニングは非常に費用と時間がかかります。したがって、最近では介助犬の自己訓練がとても人気があります。介助犬を自分で訓練する最大の利点は、プロセス全体を通して、4本足の仲間との相互信頼と生涯続く絆を築くことができることです。Dogoアプリはそんな個人で行う介助犬トレーニングをお手伝いします!

必要な介助に応じて、基本的なものから複雑なものまで、介助犬に必要なトレーニングタスクはさまざまです。以下は介助犬の最も一般的なスキルです:

  ドアまたは引き出しの開閉

    ライト、電気をオンまたはオフにする

    ものを持ってくる、戻す

    飼い主が服を着たり脱いだりするのを手伝う

    飼い主が助けを必要としていることを知らせるために吠える

    足と腕を車椅子のフットレストとアームレストにのせる

    転倒を防ぎ、歩行時の安定性を提供

    発作などの症状を特定して警告する

    混乱したときに場所、車両、またはその所有者を見つける

    オーナーの安全性を判断し、ストレスの多い状況から遠ざける

    アレルゲン、および低/高血糖状態を発見し報告する

介助犬の訓練の国際基準では、6か月間で少なくとも120時間の訓練を推奨しています。それらの中で、最低30時間はパブリックアクセススキルに集中する必要があります。これらは、とりわけ、「名前」、「Come(カム)」、「Sit(スィット」、「Heelヒール」などの標準的な基本的な服従コマンドです。Dogoアプリの基本服従プログラムを使えばこれらを教えることができます。さまざまな環境や状況で犬のスキルをテストします。彼らは気が散る状況でもあなたに耳を傾け、あなたに集中することができるはずです。

犬がコマンドを習得したら、介助犬向けのタスクを犬に教えましょう。DogoUseful Tricks Programを使用すると、わずか2週間で介助犬のトレーニングの基本をカバーできます。犬がフルタイムの介助犬になることができるかどうかわからない場合は、このトレーニングプログラムに登録して、まずはご自分の犬の様子を確認してください

Useful Tricksプログラム

2週間のプログラムで、犬は11の新しいスキルを習得します。

最初の週は、犬の集中力を向上させます。犬がどんな状況でも集中する方法を知っていることは非常に重要です。気を散らすことがあってはいけません。介助サポートを提供する必要がある場合は特にそうです。したがって、犬は基本的なバージョンを学んだあとで、高度なバージョンである「シットアンドステイ」コマンドを習得します。犬のトリックに「タッチ」と「タグ」を教えて、相互の信頼を築きます。さらに、犬は「ギブバック」や「テイクイット」などのコマンドを学習します。こうすることで、簡単に靴下を脱がせることができるようになります。

Dogoトレーニングプログラムの2週目は、より有用で実践的なスキルを学ぶことを目的としています。コース終了後、犬は「リードを取ってくる」、「ドアを開ける」、「ドアを閉める」、「片付ける」などができるようになります。

あなたの犬がトリックを上手にできるようになると、それをレビューするプロのDogoトレーナーにビデオで送ってテストするように求められます。改善できる点がある場合は、トレーナーがフィードバックを提供します。このようにして、プロセス全体を通してサポートされ、導いていけるでしょう。

トレーニング中の介助犬について

介助犬のトレーニングは紛れもなく大きな忍耐、時間、動機を必要とする大きな仕事です。チャレンジする準備ができている場合、DogoUseful Trickプログラムは、目標を達成するための素晴らしい出発点となるでしょう。トレーナーからのアドバイスやヒントが必要な場合は、お気軽にお問い合わせください。私たちはあなたの旅を応援します。

Recent Posts

カテゴリー

Download the Dogo App from the Apple App Store
Download the Dogo App from Google Play
Dogo Logo