行動を変容させるにはまずその背景に何があるかを発見しなくてはなりません。噛むという行動はたくさんのことに影響された結果と考えられます。そのため、ただ一つの解決策は、その理由をひとつづつ考えていくことです。

犬の年齢

噛み付きの問題は、成長した犬よりも若い犬で多く見られます。それは歯が生えることと関連付けられています。最初の歯は、子犬が34週齢のときに生えてきます。生後8週間までに、子犬の乳歯はすでに28本生えてきています。その後、生後38か月で乳歯が永久歯に生え換わります。この期間中、子犬の歯茎はかゆみや炎症をおこす可能性があります。そのため、犬は見たものを噛んだり、かじったりして痛みやかゆみを和らげようとすることがよくあります。

早すぎる分離

子犬は生後8週間まで母親や兄弟姉妹と一緒にいる必要があります。これは彼らの発達の最も重要な時期の一つです。この間、彼らは基本的な社会的コミュニケーションスキルを獲得します。子犬は一緒に遊び、同時に限界をテストします。この際、母親が限界を設定します。彼女はお互いを押したり噛んだりすることがどこまで許容されるかをコントロールします。このようにして、彼らは状況に応じて噛む力を調整することを学びます。子犬が母親から離れるのが早すぎる場合、これらのスキルを発達させる時間がないかもしれません。

感情とそれをどのようにコントロールするか

噛むことやかじることは犬にとって本能的な欲求です。これらをすることによって、幸せのホルモンが体内で生成されます。それは、かけがえのないリラクゼーションのひとつの形であり、落ち着き、負のエネルギーを取り除く方法です。より元気な犬の場合、この必要性ははるかに高くなります。彼らの感情は非常に強力なので、時々、表現が強くなりすぎることもあります。こういった状況はコントロール方法を学んでいる若い犬でより頻繁に観察することができます。

ただし、高齢の犬に問題がないという意味ではありません。このような場合、噛む行動は、別のよりおとなしいリラックス方法を教えられたことがない犬によく見られます。

注意を引きたい場合

時々、犬は注意を引くために噛みます。なぜなら、犬は噛むという行動が人間の注意を引くことをよく知っているからです。これは、親犬が子犬と必要とされる時間を費やさなかった場合に多く発生します。その場合、子犬の自信が低下し、激しい噛みつきなどの問題行動を引き起こす可能性があります。

トラウマ体験

行動障害による噛み行動が発生することがあります。もしかするとその犬の困難な人生経験の結果かもしれません。この問題は、避難所で飼育されている犬に良く見られます。トラウマ体験は、恐怖と不安の形でその痕跡を残します。

一方、噛むことは犬にとって自然な行動であることに注意することが重要です。犬は友好的な交流の方法として、互いに噛み合うことがあります。このコミュニケーションが機能するためには、ペットが噛む力を状況に適応させることができる必要です。問題は、不安な犬はこの力のコントロールが難しいということです。恐怖は合理的な思考を圧倒するので、彼らは自己防衛として攻撃します。

ドッグトレーナーのためのヒント

    1.子犬を引き取る前に、彼らが適切な年齢に達するまで待ちます。母親と一緒に感情を制御する方法を学習させることが大切です。

    2.噛むことは自然な犬の必要性です。犬に1日に少なくとも30分間の噛む運動を提供するようにしてください。若い犬を飼っている場合は、時間を増やしてください。

    3.犬にさまざまな種類の噛むおもちゃを提供します。子犬にとって特に魅力的なものを見つけます。こうすることで、あなたの犬が急に噛むことが必要になったときに、あなたの物ではなく、おもちゃを噛むようになります。さらに、子犬にコマンド「Leave」を教えてください。Dogoアプリで確認できます。

    4.犬に行動上の問題がある場合は、辛抱強く理解する必要があります。新しい状況に慣れる時間を与えます。攻撃的な反応をする場合は、触れたり、撫でたりしないでください。犬は、望まない場合は特に誰かの接触を許容する余裕がありません。不安や攻撃を引き起こす状況は避けてください。

    5.犬が噛んで注意を引こうとする場合は、Dogoの「噛みつき防止」のトリックを教えます。噛むことは注意を向ける方法でもあるので、怒鳴ったり、犬を罰したりしないでください。それはあなたの絆を弱めるかもしれません、そして犬はあなたを避けるようになるかもしれません。代わりに犬の行動を理解するようにしてください。

    6.犬と毎日もっと時間を過ごします。噛む傾向を使って一緒に遊ぶようにします。 Tug」コマンドを導入してください。あなたの犬が制御不能または過度に興奮している場合、それを変化させる方法を彼らに示してください。 「座る」や「伏せ」などの静的コマンドを教えてください。

どこから始めればいいのか分からない場合は、基本的なオベディエンスプログラムにサインアップし、犬に彼らの感情を制御するように教えてください。犬と過ごす時間についてのインスピレーションが必要な場合は、愛らしいトリックプログラムをお試しください。それはあなたの犬の絆を強化し、あなたたちがより良い友達になるのを助けます。

Recent Posts

カテゴリー

Download the Dogo App from the Apple App Store
Download the Dogo App from Google Play
Dogo Logo